読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界中の風に吹かれて

『どんな願いでも叶うならば、どんな旅行をしてみたいですか?』 このブログでは「世界一周ピースボートの旅」「バックパッカーが行く、タイ旅行」「四国八十八ヶ所をめぐる、お遍路の旅」「スペイン巡礼の旅」「不安だったフィリピン旅行」などの旅日記!!

▶︎記事一覧はこちら

【エクアドル】ガイドブックや地図がなくても他の街へ行ける!

 

 

 
 

 

República del Ecuador

 

f:id:favejam:20150308183143j:plain

 

ピースボートが着いたのは、エクアドルの港町"マンタ"。

この街は、自由行動をすることにした。

しかし、ただ単にマンタを観光するのは、自分の旅のスタイルではない。

やはり、無理はしない程度に自分だけの旅にしたいと考えていた。

 

旅行会社のオプショナルツアーを眺めていると、マンタ郊外にある"モンテクリスティ"という街のツアーがあった。

それを見て、「自分独りでその街に行ってみよう」と決断。

 

旅は港街の地図は持っていない状況でスタート!

とりあえず、バス停を探すために街を散策。

すると、ある小さな広場に街の案内板を発見!

 

f:id:favejam:20150308183328j:plain

 

 

右の方にバスのマークがある!!

 

f:id:favejam:20150308183404j:plain

 

そこへ向かってみることに・・・。

 

 

無事にバス停を見つけ、ある男の人に"モンテクリスティ"行きのバスを教えてもらい乗り込んだ。

 

f:id:favejam:20150308183437j:plain

 

 

バスの乗り約30分くらいするとバスは停車し、車内の前方から誰かを呼ぶ声が聞こえた。

「japonés!(ハポネス!)、japonés!(ハポネス!)」

どうやら、僕を呼んでるみたいだ。

バスのドライバーが親切に教えてくれ、"モンテクリスティ"に無事に到着。

 

 

f:id:favejam:20150308183531j:plain

 

決して大きくはない、"モンテクリスティ"の街。

広場では、ピースボートの観光客目当てだろうか、10くらいのテントが並び、土産を売っていた。

土産物屋で買い物したり、八百屋でリンゴを買ったり、教会を見学したり、丘の上から眺めを楽しんだりして過ごした。

 

 

そうそう、丘の上に居た警備員と仲良くなり、おしゃべりをした。

(といっても、お互いが話せる言語がないため、会話になっていなかった。)

その警備員はスペイン語を教えてくれた。

「Señorita(お姉さん)」

「Bonita(きれいな、かわいい)」

きっと、あの警備員は女性がとても好きなんだろう。

警備で注意するのは特に男の人。女の人には、この言葉で近づいておしゃべりをしていた。

 

f:id:favejam:20150308183703j:plain

 

警備員さんとおしゃべりした、ある商店の家族に車で港まで$10で送ってもらい、エクアドルの旅を終えた。

 

 

次の寄港地は、イースター島

▶︎寄港地別 リンク一覧

▶︎記事一覧はこちら

 

  

Blogランキングに参加★

 あなたのクリックが、1人でも多くの人にこのブログを観てもらえる事につながります!

にほんブログ村 旅行ブログへ ←温かいクリックお願いします!

にほんブログ村