世界中の風に吹かれて

『どんな願いでも叶うならば、どんな旅行をしてみたいですか?』 このブログでは「世界一周ピースボートの旅」「バックパッカーが行く、タイ旅行」「四国八十八ヶ所をめぐる、お遍路の旅」「スペイン巡礼の旅」「不安だったフィリピン旅行」などの旅日記!!

▶︎記事一覧はこちら

タイ旅行【チェンマイ観光⑦】山岳民族の村で首長族と出会う!?

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村 ← 1日1クリックお願いします。

 

 

 

 
 

 

チェンマイ 山岳民族の村 バーン・トン・ルアン1

 エレファント・キャンプで、象さんのショーを楽しんだ後、チャーターした車が向かった先はここ!!
 (メーサー・エレファント・キャンプの記事はこちら
山岳民族の村「バーン・トン・ルアン」Baan Tong Luang
メーサー・エレファント・キャンプからは、坂を少し下り右側に入ります。
そこは、象さんのウンチが転がる、狭い道。
のんきに道の真ん中で犬が寝ていたりして、ゆっくり時間が流れている場所でした。

 

チェンマイ 山岳民族の村 バーン・トン・ルアン2

 

 入り口の受付で、入場料の500バーツを支払いチケットをもらいます。
さて、中へ入って行きます。
道は、アスファルトでなく土。
家は、木や竹、葉っぱなどで作られていました。

チェンマイ 山岳民族の村 バーン・トン・ルアン3

 

 一人の老人の女性の方が、家の中を案内してくれました。
くつを脱いで、高さが低い2階へ入りました。
中は、「暗い!!」
なんと!ここには電気がありません!
つまり電球や蛍光灯がないのです。
だから家の中が薄暗く、わずかに中に入ってくる日光で生活をしているみたいです。

 ちょっとこんな質問をしてみました。
「携帯電話とかはどのように充電するんですか?」
山岳民族とは言え、さすがに携帯電話は持っていることは予想できた。
充電は、村の入り口にあるチケット受付でするんだって。

 訪れた日は日曜日で、何人かの村人は教会へ行っていたため静かな村でした。
そう。ここはキリスト教なのです。

 

チェンマイ 山岳民族の村 バーン・トン・ルアン4

 ▲ネクタイを作っているヤオ族の女性

 ここは、2005年にオープンした観光化された山岳民族の村です。
様々な民族が共同で生活する事により、観光客が一度に文化が異なる民族を見る事ができるのです。
収入源は、入場料と村の中で売る民芸品の売上げです。
村に住む民族はパンフレットを見る限り7つの民族。
カレン族、ラフ族、パロン族、モン族、首長族、アカ族、ヤオ族(ミエン族)

 

チェンマイ 山岳民族の村 バーン・トン・ルアン5

 ▲ろうで模様を描くモン族

 村の平均年齢は高く感じます。
この村で山岳民族として生まれた若者の多くは、村を離れチェンマイなどの町で暮らします。
この環境を見れば、その気持ちもわかる気がします。

 

チェンマイ 山岳民族の村 バーン・トン・ルアン6

 ▲布を織っているパロン族

人数や敷地で、規模が一番大きかったのは、首長族。
若い女の子、男の子が他の民族より多くいました。
女の子は首に輪をつけ観光客の相手をして、男の子はボールや縄跳びで遊んでいました。
この状況に、男女平等を感じないのは僕だけでしょうか?
「先祖代々、引き継がれて来た大切な文化だ」と言われれば、返答に困りますが。

 

チェンマイ 山岳民族の村 バーン・トン・ルアン7

 これは、学校です。
部屋は1つだけ、とても狭い教室で、竹で囲ってはあるものの、壁とは決して言えません。
授業は1日に2コマあり、午後4:30~6:00、午後6:00~7:00なのです。
きっと、昼間は観光客相手の商売をして、人が少なくなる夕方から始まるのでしょう。
学科は4つ。「タイ語」「英語」「ミャンマー語」「算数」です。
彼らには民族の言葉があります。
他民族と生活をともにする事で他民族の言語に触れ、さらにここで言語の授業。
バイリンガルどころか、いったいいくつの言語を習得するのやら・・・??

という事で、最後は動画の紹介。
山岳民族の村「バーン・トン・ルアン」の映像です。

 

今日も、見てくれてありがとう♪

 

 

関連記事

 

記事一覧

 

 

★Blogランキングに参加★

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ←温かいクリックお願いします!

にほんブログ村