読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界中の風に吹かれて

『どんな願いでも叶うならば、どんな旅行をしてみたいですか?』 このブログでは「世界一周ピースボートの旅」「バックパッカーが行く、タイ旅行」「四国八十八ヶ所をめぐる、お遍路の旅」「スペイン巡礼の旅」「不安だったフィリピン旅行」などの旅日記!!

▶︎記事一覧はこちら

【2015年スペイン】バスク地方の避暑地「ドノスティア/サンセバスチャン」[後編]

 

 
 

 

[前回の記事『バスク地方の避暑地「ドノスティア/サンセバスチャン」[前編]』]

 

 スペインの北部、ドノスティア/サンセバスチャンという町の後半!

前半で紹介したギプスコア広場からスタートして、浜辺を進みます!

ギプスコア広場では、朝から本を売る露店が並んでいました。

子供向けの絵本から難しそうな分厚い本まで様々。

f:id:favejam:20160301180811j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 コンチャ湾のモンテ・ウルグル側(東側)にある「市庁舎」です。

市庁舎の向こう側に、モタ城のキリスト像が見えます。

ここから広がるビーチは、歩く場所がないくらい人で溢れていました。

トップレスで日光浴をする女性もいて、かなり開放的でした。

f:id:favejam:20160301180927j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 U字の砂浜の「モンチャ湾」

海がエメラルドグリーンで、とてもびっくりしました!

f:id:favejam:20160301181008j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 コンチャ海岸とオンダレータ海岸の間に建つ「ミラマール宮殿」

宮殿の前は、芝生や花壇があり、ゴロゴロ寝転がってゆっくりすることもできます。

ちょうど訪れた時、カップルが結婚式の前撮りをしていました。

f:id:favejam:20160301181107j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

  コンチャ海岸の北西側にあるカフェレストラン"BRANKA"
この奥へ海岸沿いに進むと「風の櫛(Peine del Viento)」というモニュメントがあります。

f:id:favejam:20160301181203j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 次は、街から海を向いて左側(西側)の「モンテ・イゲルド」に向かいます。

東側のモンテ・ウルグルに比べ若干「モンテ・イゲルド」の方が標高が高いです。

f:id:favejam:20160301181254j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 山頂へはフニクラというケーブルカーで行くことができます。

僕は、住宅地を抜けて山頂へ続く道を歩いてみたくて、徒歩で登りました。 

f:id:favejam:20160301181401j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 ケーブルカーの料金は、片道1.75ユーロ、往復3.15ユーロです。

ちなみに、徒歩や車でも山頂へ行けますが、上にゲートがあり、入場料2.2ユーロが必要です。

f:id:favejam:20160301181454j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 「モンテ・イゲルド」の頂上の城です。

ここの展望台からは、ドノスティア/サンセバスチャンの街が一望できます。 

f:id:favejam:20160301181547j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 展望台横には、遊園地があります。

メリーゴーランド、ジェットコースターなど、子供が楽しめるアトラクションがいろいろありました。

料金はわかりませんが、アトラクションごとに支払うようです。 

f:id:favejam:20160301181633j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 ドノスティア/サンセバスチャンには、3日間滞在しました。

今回は、食料を持参して街に入り、かなり節約したので参考にならないかもしれませんが、パンプローナからここまでのバス、ここからバルセロナへのバスも含め、152ユーロで生活しました。

 

 

 ご購読ありがとうございました。

次回は、小さな国「アンドラ」です。

おがわ りきやでした。

 

 

関連記事

 

関連動画

 

記事一覧

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ ←温かいクリックお願いします!

にほんブログ村