世界中の風に吹かれて

『どんな願いでも叶うならば、どんな旅行をしてみたいですか?』 このブログでは「世界一周ピースボートの旅」「バックパッカーが行く、タイ旅行」「四国八十八ヶ所をめぐる、お遍路の旅」「スペイン巡礼の旅」「不安だったフィリピン旅行」などの旅日記!!

▶︎記事一覧はこちら

【2015年スペイン】世界中から学生が集まる世界遺産の街「サラマンカ」[前編]

 

 
 

 

[前回の記事『世界遺産を歩く!サンティアゴ巡礼旅まとめ!』]

 

  学生や観光客で活気あふれる街サラマンカ

日本で例えると京都を小さくしたような存在。

人口が多い大都市が苦手な人には、過ごしやすい街だと思います。 

f:id:favejam:20160317172215j:plain

 撮影:おがわ りきや

  

 ガリシア地方のサンティアゴ・デ・コンポステーラを出発!

バスは、カスティーリャ地方の古都サラマンカに到着!

途中休憩も含め、約6時間。

運賃は、28.13ユーロでした。

f:id:favejam:20160317160035j:plain

  撮影:おがわ りきや

 

 サラマンカバスターミナルは、旧市街の外れにあります。

方角がさっぱりわからなかったので、タクシーで移動しました。

ホームステイ先の住所を見せたらスムーズ!

タクシー代は6ユーロ。

f:id:favejam:20160317170355j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 サラマンカ旧市街の南側にはポルトガルへ続くトルメス川が流れています。

その川辺は整地されていて、ジョギングや散歩をした人が利用しています。

f:id:favejam:20160317164714j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 そのトルメス川の南側から見えるカテドラルです。

サラマンカに行ったのならば、絶対に見てほしいです!

f:id:favejam:20160317162002j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 トルメス川にかかる石で造られた橋。

向こうに見えるカテドラルは、左側が12世紀に建造された「旧カテドラル」

右側は16〜18世紀に建造された「新カテドラル」

f:id:favejam:20160317161607j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 サラマンカで1番のおすすめはマヨール広場

住民も観光客も学生も集まる場所。

360度どこを見ても大変美しいです!

スペインで最も美しい広場とも言われているみたいです。

(マヨール広場の記事はこちら

f:id:favejam:20160317160530j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 サラマンカにはスペイン最古の大学があります。

サラマンカ大学

周辺には大学のお土産が販売されるほど、観光スポットになっています。

内部は昔に使われた教室などが当時のまま残っています。

入場料は、10ユーロでした。

f:id:favejam:20160317170448j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 ここにはカエルがいます。

もしカエルを見つける事ができた人はサラマンカ大学合格すると言われています。

ぜひ探してみてください。

f:id:favejam:20160317175844j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 「サン・エステバン修道院」

探検家のコロンブスは、当時この修道院に滞在していたこともあったようです。

暗くなっても照明でライトアップされています。

ここも、観光から外せない場所です!

f:id:favejam:20160317165748j:plain  撮影:おがわ りきや

 

 暗くなっても、街は昼とは異なる美しさを見せてくれます。

石の冷たさとライトアップされた建造物の温もりが絶妙な雰囲気を漂わせています。 

f:id:favejam:20160317165703j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 ご購読ありがとうございました。

後編もお楽しみに!

おがわ りきやでした。

 

 

関連記事

 

関連サイト

 

記事一覧

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ ←温かいクリックお願いします!

にほんブログ村