読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界中の風に吹かれて

『どんな願いでも叶うならば、どんな旅行をしてみたいですか?』 このブログでは「世界一周ピースボートの旅」「バックパッカーが行く、タイ旅行」「四国八十八ヶ所をめぐる、お遍路の旅」「スペイン巡礼の旅」「不安だったフィリピン旅行」などの旅日記!!

▶︎記事一覧はこちら

【2015年スペイン】首都がっつり観光!歴史的で近代的な街「マドリード」[前編]

 

 
 

 

[前回の記事『夜はバル巡り!「サラマンカ」のおすすめバルは?』]

 

 初めてマドリードを旅行したのはピースボートの船旅に行った時!

今回は、5年前に行けなかったところを、がっつりと観光をするぞー! 

2日間の滞在でしたが、宮殿や広場、市場などに行くことができて満足。

マドリードは、歴史的な街と近代的な街が混ざったような街でした。 

 

「では、町歩きスタート!!」

f:id:favejam:20160320110145j:plain

  撮影:おがわ りきや

 

「サン・イシドロ教会」 

17世紀初めに建てられ、1993年までマドリードの大聖堂として使用された教会です。

マヨール広場と地下鉄ライン5「ラ・ラティーナ」駅の間にあります。

f:id:favejam:20160320104035j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 教会の中に入ってみました。

窓から入った太陽の西日が、祭壇のキリストを照らしていました。

とっても神秘的な雰囲気でした。

f:id:favejam:20160320111325j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 マドリード「マヨール広場」

運悪く一部が工事中でした。

マヨール広場内の観光案内所には、日本人スタッフがいました。

f:id:favejam:20160320110039j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 マヨール広場すぐ横の「サン・ミゲル市場」

元々、青果市場だった場所です。

今では、タパスや、生ハム、ワイン、スイーツなどの店舗が並んでいます。

f:id:favejam:20160320110251j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 アルマス広場王宮を柵の外から撮影しました。 

1764年に完成し、その中は2700もの部屋あるそうです。

到着時間が20:00だったため、中に入れませんでした。

入館は夏だと19:00まで!

f:id:favejam:20160320110323j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 王宮の向かいには「アルムデナ大聖堂」

ここから見える夕日は特別な美しさです。

マドリードに行ったら、王宮と大聖堂は、見逃せない観光スポットです!

f:id:favejam:20160320110353j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 その頃、王宮近くでアルパ(ハープ)のストリートライブをやっていました。

美しく切ない演奏でお客さんを癒していました。

演奏していたのは、ビクター・サンタル(Victor Santal)という方。

ホームページはこちら

f:id:favejam:20160320110507j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

  観光案内所で聞いたイベントに行ってみました。

場所は、地下鉄ライン5「ラ・ラティーナ」駅の近く。

そこから「サン・フランシスコ・エル・グランデ教会」までの路上で開催されていました。

たくさんの食べ物を売る露店、バー、子供向け射撃ゲームなどで、賑わっていました。

f:id:favejam:20160320110542j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 マドリードでの宿泊はキャッツ・ホステル(Cat's Hostel)

ドミトリー(朝食付き)で10ユーロ。

デポジット(チェックアウト時に返金)は10ユーロです。

プエルタ・デル・ソル広場やマヨール広場まで歩いてたったの10分です!

f:id:favejam:20160320110830j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 トイレとシャワーは割り当てられた部屋の中に付いていました。 

入り口や部屋へ入る時は、腕時計型の無接点キーを使いました。

ベッド脇のロッカーは大きかったので、バックパックも中に入れることができました。

チェックアウト後は、2ユーロで荷物を預かってもらいました。

f:id:favejam:20160320110905j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 個人的なマドリードの印象ですが、どこも混みすぎず空きすぎずといった印象です。

思った以上に観光がしやすい街でした。

歴史的建造物や市場、駅などが、きっと良い具合に点在しているからだと思いました。

 

 

 ご購読ありがとうございました。

後編もお楽しみに☆

おがわ りきやでした。

 

 

関連記事

 

関連サイト 

 

関連動画

 

記事一覧

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ ←温かいクリックお願いします!

にほんブログ村