読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界中の風に吹かれて

『どんな願いでも叶うならば、どんな旅行をしてみたいですか?』 このブログでは「世界一周ピースボートの旅」「バックパッカーが行く、タイ旅行」「四国八十八ヶ所をめぐる、お遍路の旅」「スペイン巡礼の旅」「不安だったフィリピン旅行」などの旅日記!!

▶︎記事一覧はこちら

【2015年スペイン】レトロ路面電車がスレスレを走る!?マヨルカ島ソーイェル

 

 
 

 

[前回の記事『世界遺産の山脈を見に!マヨルカ島パルマからソーイェル鉄道に乗る!』]

 

 ソーイェルに到着!

ソーイェル鉄道に乗ってパルマから来ました!

駅でたくさんの観光客が電車を待っていました。

f:id:favejam:20160401160626j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 ソーイェル鉄道のソーイェル駅には、ピカソの陶芸ギャラリーがあります。

PICASSO CERÁMIQUES」

f:id:favejam:20160401160720j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 ソーイェルの町中は、路面電車(トラム)が走っています。

こちらもレトロな車両!

行き先は、約3km北にある港町ポルト・デ・ソーイェル」

f:id:favejam:20160401160803j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 路面電車(トラム)は、コンスティトゥシオ広場を抜けていきます。

広場には、カフェやレストランのテーブルが並んでいます。

これらのテーブルのスレスレを通過します。

f:id:favejam:20160401161006j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 上の写真の奥に見えていたのがこの町の教会。

「サン・バウトメウ教会」

1700年頃に建設されたようです。

f:id:favejam:20160401160918j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 路面電車(トラム)は町を抜けると、通常の石が敷かれた専用のレールを走ります。

そして、のどかな景色の中を走っていきます。

f:id:favejam:20160401161259j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 ソーイェルから見える山々は、2011年にユネスコ世界文化遺産に登録された

「トラムンタナ山脈」

アメリカのヨセミテ公園のハーフドームを連想させます。

f:id:favejam:20160401161352j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 町並みは、ヨーロッパの伝統的な石造り。

こういう町で暮らしてみたいですね。

f:id:favejam:20160401161449j:plain

 

 道端に止まっていたレトロな小さい車。

f:id:favejam:20160401161522j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 ソーイェルの観光案内所は、ソーイェル鉄道の駅かすぐのスペイン広場にあります。

列車の形をしています。

僕が訪れた時は、閉まっていました。

仕方がなく、本屋で町の地図を購入しました。

f:id:favejam:20160401161651j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 ソーイェルはいかがでしたか?

今回は、ソーイェル鉄道の最終列車の時刻の都合上、行くことができませんでしたが、ぜひ路面電車の終点「ポルト・デ・ソーイェル」まで行ってみてください。

この辺りは、ホテルがあるので宿泊するのもいいかもしれませんね。

 

 

 ご購読ありがとうございました。

おがわ りきやでした。

 

 

関連記事

 

関連動画

 

記事一覧

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ ←温かいクリックお願いします!

にほんブログ村