世界中の風に吹かれて

『どんな願いでも叶うならば、どんな旅行をしてみたいですか?』 このブログでは「世界一周ピースボートの旅」「バックパッカーが行く、タイ旅行」「四国八十八ヶ所をめぐる、お遍路の旅」「スペイン巡礼の旅」「不安だったフィリピン旅行」などの旅日記!!

▶︎記事一覧はこちら

【インドネシア旅 #4】ユネスコ世界遺産『タマン・アユン寺院』

 

 

 

前回のブログ『ウブドの伝統的な祭礼オダラン』の続きです。

この記事の内容は

 ・バリでもっとも美しいといわれる寺院

 ・クタとウブドの違い

 

バリ島ウブドから車で30分ほど行ったところに「メングウィ(Mengwi)」という町があります。

f:id:favejam:20200117122801j:plain

メングウィ

かつてメングウィ王国が栄えていた地域です。

ここには、バリ島で2番目に大きな寺院があります。

タマン・アユン寺院

f:id:favejam:20200117122344j:plain

 17世紀、メングウィ王国の鎮護寺として建てられ、寺院の外側と境内の周囲を掘割が取り囲みます。

f:id:favejam:20200117122621j:plain

境内にはアグン山を模した塔(メル)が10基あり、2012年にタマン・アユン寺院はユネスコ世界遺産に登録。

f:id:favejam:20200117123022j:plain

残念ながら一般の観光客は、この塔(メル)がある堀割の中に入ることはできません。

外の塀越しに、中を見学します。

 

f:id:favejam:20200117123545j:plain

タマン・アユン寺院は入場料が必要で、チケット売り場は入り口を入ってすぐ右側。

寺院に入るときは、肌を露出しすぎないように気をつかいましょう。

 

<広告>

国内格安航空券・飛行機予約の「ソラハピ」


寺院を見学後、町散策に行きます。

f:id:favejam:20200117124353j:plain

タマン・アユン寺院の近くの交差点の像。

いったいこれは誰なんだろう?

メングウィの王様かな?

知っている方は、コメント欄から教えてください。


さて、ここでランチタイム!

寺院周辺を歩いて散策していた途中の道路沿いにて。

f:id:favejam:20200117125914j:plain

 

いったいこれが、どんな料理なのかわかりません。

練り物の中には魚の小骨が入っていて、少し食べにくかったです。

だけど、こういうローカルっぽい食事は好き!

f:id:favejam:20200117125801j:plain



夜は、ウブドに戻りました。

メインストリートを歩いていたら、ある寺院からガムランの音が!

練習中のようでしたが、ガムランを堪能させていただきました。

余韻が残るゴングの低い音と、ガシャガシャと鳴る金属の音。

f:id:favejam:20200117130516j:plain

 

クタとウブドは、大きな違いがあります。

個人的な意見ですが、クタは、マリーンスポーツを楽しんだり、飲んで騒げる街。

ウブドは、自然に囲まれ、日頃の疲れを癒すためにゆっくりと過ごせる街。

現地の人が言うには、仕事で疲れた日本人には、ウブドの方が人気だとか。 


最後に、観光客と猿たちが集まるモンキーフォレストをご紹介します。

ウブドの人気観光スポットです。

入場料を支払いモンキーフォレストに入ります。

f:id:favejam:20170907190921j:plain

そこには、人馴れした猿たちが、道や木々にたくさんいます。

動物園のように柵はありません。

ただし注意してほしいことがあります。

食べ物などを持っていると、猿が奪いに来ます。

他にも注意事項があるので、入場の際には必ず読んで守るようにしてください。


ご購読ありがとうございました。

インドネシア旅のブログに「#1〜8」の数字を記載しています。

YouTubeの動画にも同じように数字を記載しています。

同じ数字のブログとYouTubeの両方をご覧いただくと、よりイメージがしやすいように発信をしていますので、動画も観てみてくださいね。

おがわ りきやでした。

 

<広告>

 

関連記事

  

関連動画

 

記事一覧

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ ←温かいクリックお願いします!

にほんブログ村

 

 

 

▶︎記事一覧はこちら