世界中の風に吹かれて

『どんな願いでも叶うならば、どんな旅行をしてみたいですか?』 このブログでは「世界一周ピースボートの旅」「バックパッカーが行く、タイ旅行」「四国八十八ヶ所をめぐる、お遍路の旅」「スペイン巡礼の旅」「不安だったフィリピン旅行」などの旅日記!!

▶︎記事一覧はこちら

【インドネシア旅 #6】バリ島からジャワ島へ移動!深夜に降ろされたフェリーターミナル

 

 

 

前回のブログ『グリーン・スクール 』の続きです。

ウブドはいかがでしたか?

「テガラランの棚田」や、祭礼「オダラン」世界遺産「タマン・アユン」などをご紹介しました。

まだ見ていない方は、リンクを貼ってあるので、見てくださいね♪

(各ブログ記事の最下部から、記事と同じ内容の動画を観ることができます)

 

今回は、滞在期間が短いため、ウブドのほんの一部にしか行けませんでした。

ぜひ次回は、あなた自身がバリ島へ行って、もっともっとたくさんバリ島を楽しんでください。

帰ってきたら、バリ島の旅の内容をコメントで教えていただけると嬉しいです!

 

では次の街へ行きますよー!
まずは、デンパサールの「ウブン・バス・ターミナル」へ。

f:id:favejam:20200121195418j:plain

Terminal Bus Ubung

 バリ島で一番大きなバスターミナルで、島内各地を結ぶベモや、長距離バスが発着しています。

あるブログによると、バスターミナルは、デンパサールからメングウィに移ったという情報もあります)

 <広告>

 

ターミナル内の写真を見ていただくとわかりますが、外国人旅行客は多くありません。

大きなカバンを持っていると、とても目立ちます。

不思議なことに、大きな荷物を持った人が少ない!

実際にこのバスターミナルへ行くとわかりますが、険悪な雰囲気を感じました。

身の回り品は、いつも以上に注意を払いましょう!

f:id:favejam:20200121195518j:plain

ターミナル中央にある、この待合スペースの雰囲気が悪いので、できればここで待ちたくありません。

バス乗り場と出発時間を速やかに確認して、バスターミナルの外側にある小さな食堂で夕飯をいただくことに。

食堂の隣には、売店もありました。

 

f:id:favejam:20200121195547j:plain

今回乗るバスは、ZENA号。

フロントガラスには「MALANG - DENPASAR」

f:id:favejam:20200121195701j:plain

車内は、バスターミナルの雰囲気とは一転!

タオルケットと枕が用意してあり、きれいでリッラクスできる雰囲気でした。

 

それでは、出発します!

f:id:favejam:20200121203636j:plain


...で、これから一体どこへ向かうのかって?

 

「バリ島から出ます!」

 

 

バスが出発してから、一気に緊張感が解け、爆睡...。

(荷物は、チェーンロックで防衛しています)

ジャワ島西側の港町『ギリマヌ(Gilimanuk)』へ向かい、そこからバスごとフェリーに乗ります。
対岸のジャワ島の港町『クタパン(Ketapang)』で、ドライバーに降ろされました。

乗る前に行き先を告げていたので。

クタパンに到着した時は既に深夜12時。

ホテルは予約していません。

さすがに初めて訪れる場所で、ホテルを探すために、深夜にスマートフォンの画面に集中するのは、危険な可能性があります。


どうしようか迷っていた時、3人の白人男性が目の前を横切ろうとしました。

僕は、慌ててその3人に声をかけました。

「ちょっと待って!あなたたちはどこに宿泊している?今夜はホテルの予約をしていないから、宿泊しているホテルを教えて!」

ということで、宿泊先を確保しました。

 

<広告> 

 
翌日...

初めて訪れる町へ抱く不安な気持ちは夜と共に去り、清々しい朝を迎えました。

f:id:favejam:20200121210500j:plain

フェリーターミナル

f:id:favejam:20200121210527j:plain

 

バリ島のギリマヌと、ジャワ島のクタパンは、船で1時間弱です。

この境には、時差があります。

そしてもう1つ大きな違いは 宗教 です。

 

バリ島の多くは、ヒンドゥー教
ジャワ島の多くは、イスラム

クタパンのフェリーターミナルからはモスクが見えました。

f:id:favejam:20200121211024j:plain

Masjid Abnais Sabil

 

フェリーターミナルからぶらぶらと歩いて行くと、道路脇に客がいない露店を発見!

ここで昼食を取ることにしました。

英語は通じないので、なんとなく身振り手振りで注文。

f:id:favejam:20200121210634j:plain

 

出された料理がこれ!

食べて大丈夫?と思うでしょうが、個人的には辛くなければなんでもいいです。

辛いのは苦手なので...。

f:id:favejam:20200121210933j:plain


腹ごしらえを終えたら、移動です!

目的地は「バニュワンギ」という街。

今いるクタパンから南へ約10km離れたところにあります。

 

今回のブログはここまで!

さて、次のブログは電車の移動からです。

 

ご購読ありがとうございました。

インドネシア旅行のブログに「#1〜8」の数字を記載しています。

YouTubeの動画にも同じように数字を記載しています。

同じ数字のブログとYouTubeの両方をご覧いただくと、よりイメージがしやすいように発信をしていますので、動画も観てみてくださいね。

おがわ りきやでした。

 

<広告>

格安海外WiFiレンタルの【グローバルWiFi】

 

関連記事

  

関連動画

 

記事一覧

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ ←温かいクリックお願いします!

にほんブログ村

 

 

 

▶︎記事一覧はこちら