世界中の風に吹かれて

『どんな願いでも叶うならば、どんな旅行をしてみたいですか?』 このブログでは「世界一周ピースボートの旅」「バックパッカーが行く、タイ旅行」「四国八十八ヶ所をめぐる、お遍路の旅」「スペイン巡礼の旅」「不安だったフィリピン旅行」などの旅日記!!

▶︎記事一覧はこちら

【インドネシア旅 #8】青い炎までの行き方!ガスマスク必須の硫黄の山「イジェン山」へ

 

 

 

前回のブログ『ジャワ島バニュワンギで出会ったのは?』の続きです。

インドネシア旅の最後のブログです。

最後は、登山の日記。

「登山に必要なもの」「注意事項」は、ブログの最後にまとめておきます。

 

f:id:favejam:20200127111807j:plain

インドネシアのジャワ島東部にあるイジェン山に登りました。

このイジェン山は、約1kmの火口湖があります。

その水は、トルコ石のような色をしています。

 

イジェン山で一番有名なのがブルーファイヤー

火口湖で、硫黄の採取がされています。

その硫黄が燃焼し、青い炎となって夜間に見ることができます。

ブルーファイヤーを見るには、夜間登山をする必要があるのです。

 登山するまでの夜は、寒いので防寒具を用意してくださいね。

f:id:favejam:20200127112204j:plain

イジェン山の入り口

多くの人が眠る頃、イジェン山の入り口をスタートします。

登山は、旅行会社やホテルなどのツアーなどでも行くことができます。

今回は、レンタルバイクを借りて自力で行きました。

イジェン山の手前で、車やバイクが停められて、車両乗り入れ料3,000ルピア(約24円)を支払います。

車を駐車場に停めて、登山道入り口で入山料100,000ルピア(約800円)です。

※2017年の料金

f:id:favejam:20200127111619j:plain

登山道入り口から山頂まで約2時間登り、さらに火口へ約45分かけて降ります。

途中、硫黄を採取している労働者を見かけます。

1人が70〜90kgほどの硫黄の塊を天秤のようなカゴに入れ、肩に乗せて運びます。

登山道の通行は、労働者優先です。

労働者がいたら、道を空けるようにしてください。

f:id:favejam:20200127112255j:plain

山頂から火口へ降りるには、ガスマスク必須です。

火口へ降りる入り口には、ガスマスクを持っているかのチェックポイントがあります。

ガスマスクを持っていなければ、火口へ降りることができませんが、この山頂ではガスマスクを貸す商売をしている人もいるので、最悪の場合はそこで借りましょう。

ただし、値段が高い!

ちなみに、硫黄の煙が目にしみるので、ゴーグルなども用意することをおすすめします。 

 

<広告>

山頂は広々として、風が吹き抜けていくので、とても気持ちが良かったです。

f:id:favejam:20200127112328j:plain

下山も同じルートを通って帰ります。

登る時は暗闇の中、懐中電灯の光を頼りに進むので周りの様子がわかりませんが、帰りは明るいので、様々な発見があって楽しい!

 

f:id:favejam:20200127112056j:plain

途中の売店にて休憩中。

今回の登山は、ウクライナ出身のカップルと一緒に行動をしました。

と言っても行きは、男の人は先に行ってしまったので、女の人と2人で登りました。

女の人は登りながら「あいつ私を置いて先に登って行ったな!許せない。殺してやりたいくらいむしゃくしゃする」って言っていました。

帰りには、仲直りしていましたけどね。

 

f:id:favejam:20200127112122j:plain

このブログの2つめの暗い写真はこのゲート。

登山道には街灯がほぼないので、登る際に不気味に感じたゲートが、昼間は別のゲートのように清々しい!

 

f:id:favejam:20200127112447j:plain

イジェン山の山頂で撮った写真です。

とんでもない顔をしているでしょ?

睡眠を取らずに登ったので、顔に疲れが出ています。

さらに登山道では砂埃がたつので、服が汚いですね。

 

「山頂まで登る自身や体力が無いから登れない」という方もいるでしょう。

そんな方への情報です。

イジェン山には、有料で山頂まで連れて行ってくれる送迎サービスあります。

手作りの車椅子みたいな物に座った状態で、山頂まで行くことができます。

料金は、8,000円くらいするようです。

 

イジェン山 登山に必要なもの

 ・登山靴

 ・懐中電灯やヘッドライト

 ・ガスマスク

 ・ゴーグル

 ・防寒具(登山中は暑くなるので、コンパクトなもの)

 ・飲み物

 ・車両乗り入れ料、入山料(ツアー料金に含まれていない場合)

 ・ガスマスクレンタル料(ガスマスクの用意をしていない場合)

 

イジェン山 登山で注意すること

 ・基本的な登山のルールを守ること

 ・登山前に、トイレを済ますこと

 ・労働者の邪魔をしないこと

 ・懐中電灯を忘れないこと(登山道に柵が無いため、足を踏み外したら滑落します)

 ・硫黄の煙対策をすること

 ・万が一のことを考えて、保険に入ること

 

 

ご購読ありがとうございました。

以上でインドネシア旅は終了です。

8つのブログに分けてお送りしましたがいかがでしたか?

 

インドネシア旅のブログに「#1〜8」の数字を記載しています。

YouTubeの動画にも同じように数字を記載しています。

同じ数字のブログとYouTubeの両方をご覧いただくと、よりイメージがしやすいように発信をしていますので、動画も観てみてくださいね。

おがわ りきやでした。

 

【#1】名古屋からフィリピン航空で経由地マニラへ!

【#2】バリ島の空港から繁華街クタへ!プール付きゲストハウス紹介

【#3】絶景の棚田とバリ島ウブドで伝統的な祭礼『オダラン』に!

【#4】ユネスコ世界遺産『タマン・アユン寺院』

【#5】こんな学校あるの!? 多国籍な生徒が通うバリ島グリーン・スクール

【#6】バリ島からジャワ島へ移動!深夜に降ろされたフェリーターミナル

【#7】鉄道でジャワ島バニュワンギへ!そこで出会ったのは?

【#8】青い炎までの行き方!ガスマスク必須の硫黄の山「イジェン山」へ

 

<広告>

 

関連記事

  

関連動画

 

チャンネル登録

 

記事一覧

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ ←温かいクリックお願いします!

にほんブログ村

 

 

 

▶︎記事一覧はこちら