世界中の風に吹かれて

『どんな願いでも叶うならば、どんな旅行をしてみたいですか?』 このブログでは「世界一周ピースボートの旅」「バックパッカーが行く、タイ旅行」「四国八十八ヶ所をめぐる、お遍路の旅」「スペイン巡礼の旅」「不安だったフィリピン旅行」などの旅日記!!

▶︎記事一覧はこちら

【天津観光 前編】西洋建築の五大道!中国の町並み古文化街を巡り、グルメも堪能


 

 

前回のブログ新幹線より速い中国の高速鉄道はご覧いただけましたか?
日本の数々の新幹線が好きな方におすすめなので、この記事と併せて読んでくださいね!


天津(てんしん)という街を知っていますか?

大分県天津駅、千葉に安房天津駅」など、日本にもその地名はありますが、今回は、中国天津についてです。

西洋建築の五大道!中国の町並み古文化街を巡り、グルメも堪能

Tianjin Eye(天津之眼摩天輪)

もくじ 

 

 

天津概要

天津という街は、北京から南東へ約120kmくらいの場所にある都市です。

大きな貿易港をもち、海上からだと北京の玄関口となる存在。

北京から遠すぎないため、日帰りで移動ができる距離です。

19世紀後半から20世紀前半には、アロー戦争で結ばれた条約により、欧米諸国や日本などの租界地となりました。

 

 

西洋建築の住宅街「五大道」

5つの道からなる五大道(ごだいどう)

北から南へ順に「成都」「重慶」「常徳道」「大理道」「睦南道」「馬場道

五大道という名前なのに、なぜか6つの道で五大道。

20世紀初頭、イギリスの租界だったエリア。

西洋建築の住宅街「五大道」

2頭の馬が引っ張る馬車が観光客を乗せて走っています。

値段は、80元ほど。

歩くことが大変な方に、おすすめです!

西洋建築の住宅街「五大道」

五大道エリアの公園。

花が綺麗に咲いていて、ちょっと休憩するのにおすすめの場所。

西洋建築の住宅街「五大道」

 

西洋建築の住宅街「五大道」

地域の憩いの場のような公園で、音楽に合わせて踊る年配女性、子どもと散歩をしている親子、花壇をバックに写真を撮るカップルなど、おのおのが優雅な時間を過ごしていました。

西洋建築の住宅街「五大道」

 

五大道エリアにある民園広場

一言で言えば、休日に楽しめる運動公園といった感じだろうか。

 

西洋建築の住宅街「五大道」

レストランやカフェなどの店があり、中には陸上のトラックもあり、多目的な施設。

ショッピングしてもよし、運動して汗を流してもより、何もしずにぼーっとしてもよし!

西洋建築の住宅街「五大道」

1920年頃、ここに体育館が整備されました。

その後サッカー場など何度か改修を経て、一般開放された現在に至るそうです。

f:id:favejam:20200411175123j:plain

<「五大道」の最寄駅>

 地下鉄1号線「营口」駅、「小白楼」駅

 地下鉄3号線「营口」駅、「西康路」駅

 

民園広場近くで食事をするならPIZZA BIANCAへ。

ブログKonoハウスのKonoさんおすすめのイタリア料理店です。

www.konohouse.com

 

  

天津で絶対に食べたいグルメ

天津3大名物をご存知ですか?

先にお伝えしますが、天津飯でも天津甘栗でもないですよ。

天津飯は天津にないどころか中華料理ではありません。

天津甘栗は北京が栗の産地で、天津港から輸出がされたため、そのように呼ばれるようになったとか。

 

では、3大名物の発表です!

  • 麻花:油であげたお菓子(天津観光 後編にて)
  • 耳朶眼炸糕:揚げ餅
  • 狗不理包子:小さな中華まん

今回は、肉まんをご紹介します。

天津で絶対に食べたいグルメ

ガイドブックに乗っている有名店

狗不理 総店(こうぶり そうてん)

f:id:favejam:20200411233607j:plain

せいろに8個入った包子(パオズ)

ジューシーで美味しかった!

これを食べずには帰国できない!

天津で絶対に食べたいグルメ

<「狗不理 総店」の最寄駅>

 地下鉄3号線「和平路」駅 

 

【広告】

 

古い町並み「古文化街」

800年以上の歴史をもつ町並み「古文化街(こぶんかがい)

民芸品など様々な店舗が約600メートルも軒を並べる。

古い町並み「古文化街」

古文化街にある建築物天津玉皇阁や、南口の津門故里と書かれたなども見所。

多くの旅行客が買い物を楽しんでいました。

古い町並み「古文化街」

<「古文化街」の最寄駅>

 地下鉄2号線「東南角」駅

 

 

不思議な建築の中国磁器博物館

天津にチャイナ・ハウスと呼ばれている場所があります。

中国瓷房子博物館

偶然、散歩中に見つけたのですが、陶磁器をテーマにした博物館です。

外観だけ見る人も多いようで、博物館前の道路に人が群がっていました。

不思議な建築の中国磁器博物館

フランス式の建築内部には、陶磁器だけでなく数々な骨董品が保存されている。

スペースが限られているせいか、展示と言うより、敷き詰められている感じです。

不思議な建築の中国磁器博物館

表面が磁器でできた車。

入場料は、おとな50元

不思議な建築の中国磁器博物館

<住所>

 和平区赤峰道72号

<「チャイナ・ハウス」の最寄駅>

 地下鉄3号線「和平路」駅 

 

 

ご購読ありがとうございました。

天津観光は、後編に続きます

続きをお楽しみに!

おがわ りきやでした。

 

【広告】

  

〓 関連記事 〓

 

 関連動画 

 

〓 記事一覧 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ ←温かいクリックお願いします!

にほんブログ村

 

 

 

▶︎記事一覧はこちら