世界中の風に吹かれて

『どんな願いでも叶うならば、どんな旅行をしてみたいですか?』 このブログでは「世界一周ピースボートの旅」「バックパッカーが行く、タイ旅行」「四国八十八ヶ所をめぐる、お遍路の旅」「スペイン巡礼の旅」「不安だったフィリピン旅行」などの旅日記!!

▶︎記事一覧はこちら

【天津観光 後編】川の上の大観覧車!租界エリアと天津名産「麻花」


 

 

天津の前編西洋建築の五大道はご覧いただけましたか?

後編と併せて読むことで、より天津の魅力を知っていただけます。

前編に続き、今回は天津観光後編です。

f:id:favejam:20200413234822j:plain

 

もくじ 

  

  

洋風建築が並ぶ経済と流通の中心地

解放北路(かいほうほくろ)

かつて世界の金融機関が集まっていたエリア。

建築を見て楽しみたい方にはおすすめ!

洋風建築が並ぶ経済と流通の中心地

現在は、中国工商銀行中国建設銀行中国銀行などの大手銀行をはじめ、数々の銀行がオフィスを構えるエリア。

かつて日本の横浜正金銀行も、このエリアにありました。

洋風建築が並ぶ経済と流通の中心地

<「解放北路」の最寄駅>

 地下鉄3号線「津湾広場」駅

 

 

フランス租界とを結ぶ「解放橋」

天津駅前の海河にかかる鉄橋解放橋(かいほうきょう)

フランスの租界天津駅を結ぶ重要路だった。

かつては、橋の中央部が跳ね上がる両開きの跳開橋で、大きな船の航行ができた。

現在は2006年の改修工事により、橋は固定されて動かない。

フランス租界とを結ぶ「解放橋」

橋の北側には大きなラウンドアバウト(環状交差点)がある。
中央には、2001年1月1日にできた「世紀鐘」

時計盤の周りには12星座が並び、さらに鉄骨の上部に太陽、下部にのようなデザインの物が施されている。

フランス租界とを結ぶ「解放橋」

<「解放北路」の最寄駅>

 地下鉄3号線「津湾広場」駅

 「天津」駅

 

 

南市食品街

天津市内、海河の西側にあるフードアーケード

南市食品街(なんししょくひんがい)

内部は、名物やお土産、お菓子などの店が並んでいます。

伝統的な食品だけかと思いきや、写真にも写っているようなファストフード店も出店しています。

南市食品街

内部は、十字の通路のみのシンプルな作り。

雨の日でもゆっくりお買い物ができます。

南市食品街

天津3大名物の1つ。
油で揚げたお菓子麻花

硬いかりんとうのようなお菓子です。

天津の街の至る所に、麻花を扱うお店をみかけます。

大きさも様々あるので、天津に行ったら是非食べてみてくださいね。

南市食品街

<「南市食品街」の最寄駅>

 地下鉄2号線「鼓楼」駅 

 

 

川にかかる観覧車

天津之眼摩天輪 Tianjin Eye

個人的に、一番気に入った観光スポット。

2008年に完成、高さ120メートルの観覧車です。

橋の上にある観覧車では、世界一の大きさを誇ります。

橋には車道があり、多くの自動車が走っています。

残念ながら、掲載されていないガイドブックがあるので、この記事を見た方はラッキーかも!

川にかかる観覧車

<「天津之眼摩天輪 Tianjin Eye」の最寄駅>

 地下鉄1号線「西北角」駅

 地下鉄3号線「中山路」駅

 地下鉄6号線「天泰路」駅、「北竹林」駅、「北運河」駅(建設中)

 


人々が普段であるく街

新しい流行やファストフード店、アパレルショップが集まる新市街地

写真は、移動用の電気シャトルバスの除き、歩行者のみのエリア。

こういう光景は、どこの国もあまり変わりがない。

人々が普段であるく街

 

整備された地区から離れると、近所の人が集まって中国将棋(シャンチーを楽しむ。

人々が普段であるく街

 

海河の川辺に並ぶ西洋建築。

中国とは思えない景色がこの街にある。

人々が普段であるく街

 

日が暮れても、面白い雰囲気を味わえる。

写真だけでは、どこなのかがわからない不思議な世界が今夜も広がっている。

人々が普段であるく街

 

 

ご購読ありがとうございました。

天津観光の後編はいかがでしたか?

前編を見ていない方は、下の関連記事リンクから見てくださいね!

おがわ りきやでした。

 

<広告>

  

〓 関連記事 

 

〓 関連動画 〓




〓 記事一覧 〓

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ ←温かいクリックお願いします!

にほんブログ村

 

 

 

▶︎記事一覧はこちら