読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界中の風に吹かれて

『どんな願いでも叶うならば、どんな旅行をしてみたいですか?』 このブログでは「世界一周ピースボートの旅」「バックパッカーが行く、タイ旅行」「四国八十八ヶ所をめぐる、お遍路の旅」「スペイン巡礼の旅」「不安だったフィリピン旅行」などの旅日記!!

▶︎記事一覧はこちら

【2015年スペイン】ワインと巡礼の町「ログローニョ」観光! [後編]

 

 
 

 

[前回の記事『ワインと巡礼の町「ログローニョ」観光! [前編]』]

 

 ログローニョでは、巡礼者用のアルベルゲに宿泊しました。

「ホステル エントレスエニョス」

ドミトリーは、1泊19ユーロ。

この街は4泊したので、76ユーロです。

ここからパンプローナ牛追い祭りへ1.5〜2時間のバスに乗って通いました。

f:id:favejam:20160229232630j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 ログローニョの観光案内所は、カテドラルから西へ徒歩で5〜10分くらいのところにあります。

けど、ちょっとわかりずらいかも!

f:id:favejam:20160229232824j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 ログローニョはスペイン巡礼者が通る町の1つ。

観光案内所前の小さな広場には、巡礼者の像があります。

観光案内所へ行く時は、この像を目印に探してみるといいですよ。

f:id:favejam:20160229232907j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 旧市街の路地はバルが軒を連ねています。

道幅は狭く、夜はとても賑わっています。

下の写真は「サン・フアン通り」

 

 今回の旅は1人だったので、バルに行く勇気がなく結局行きませんでしたが、大体の国にあるケバブの店で夕食をとりました。

5ユーロで、ケバブとポテトと飲み物がつきます。

f:id:favejam:20160229232951j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 エブロ川にかかるピエドラ橋です。

巡礼者はこの橋を渡って、ログローニョの旧市街に入ります。

川辺の遊歩道を散策しました。

ジョギングをしている人、釣りをしている人、ペットと散歩している人などを見かけました。

f:id:favejam:20160229233055j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 向こう岸の赤い建物は科学博物館です。

入り口が道路側ではなく、川に面した側にありました。

今回は、入ってはいませんが、ガイドブックには無料と書いてありました。

博物館の隣には、科学を生かした遊びができる小さな広場があります。 

f:id:favejam:20160229233147j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 科学博物館のすぐ近くのイエロ橋

ピエドラ橋とは対照的で鉄筋の橋。

科学博物館からの帰りはこちらから帰りましょう!

f:id:favejam:20160229233218j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 イエロ橋の上から撮った写真です。

なんだか、CMで使われそうな雰囲気の道路が橋の下を通っています。

f:id:favejam:20160229233304j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 ログローニョの旧市街は、どこでもとても美しい街です。

この通りは、特別でもない普通の住宅地の通りです。

それでも、なんだかヨーロッパの美を感じます。

f:id:favejam:20160301004751j:plain

 撮影:おがわ りきや

 

 ログローニョは、たくさんの人が行くような有名な観光スポットは、特にありません。

旅の途中に息抜きのつもりで、ゆっくり過ごすのに最適な街だと感じました。

 

 

 ご購読ありがとうございました。

このブログが良ければ、twitterfacebookGoogle+などで、シェアをお願いします!

読者登録や、星、コメントをいただけると嬉しいです☆

おがわ りきやでした。

 

 

関連記事

 

関連動画

 

記事一覧

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ ←温かいクリックお願いします!

にほんブログ村